映画『オリエント急行殺人事件』作品情報

あらすじ

国の出身者が乗り合わせ、季節外れの満席となっていた。
何らかの理由でラチェットと対立していたギャング等の人物が途中の駅で列車に乗り込んでラチェットを殺し、すでに列車から降りた
サミュエル・ラチェットがポアロ、話しかけてくる。
彼は身の危険を感じてポアロに護衛を依頼
ラチェットの死体が彼の寝室で発見される。
ポアロは捜査を始め、ブックと、乗り合わせた医師コンスタンチンと共に事情聴取
ラチェットはかつて、富豪アームストロング家の令嬢である幼いデイジーを誘拐して殺害した犯人
ポアロは、イスタンブール発カレー行きのオリエント急行に乗り
刃物により全身を12か所に渡ってメッタ刺しにされて
現場には燃やされた手紙
「小さいデイジー・アームストロングのことを忘れ」
少女は投身自殺し、妊娠中だったアームストロング夫人が事件のショックで早産して母子ともに死に、夫のアームストロング大佐も夫人の後を追って自殺した事件
列車がすでに違う標準時に入っていることをラチェットも乗客たちも忘れていたとすれば、乗客たちの証言とのつじつまは合う。

登場人物

サミュエル・エドワード・ラチェット (Samuel Edward Ratchett)

ヘクター・マックイーン (Hector MacQueen)

エドワード・ヘンリー・マスターマン (Edward Henry Masterman)

アーバスノット大佐 (Colonel Arbuthnot)

メアリー・デブナム (Mary Debenham)

ドラゴミロフ公爵夫人 (Princess Dragomiroff)

ヒルデガード・シュミット (Hildegarde Schmidt)

ハバード夫人 (Mrs. Hubbard)

グレタ・オルソン (Greta Ohlsson)

アンドレニ伯爵 (Count Andrenyi)

アンドレニ伯爵夫人 (Countess Andrenyi)

サイラス・ハードマン (Cyrus Hardman)

アントニオ・フォスカレリ (Antonio Foscarelli)

ピエール・ポール・ミシェル (Pierre Paul Michel)

ブック (Bouc)

コンスタンチン博士 (Dr. Constantine)

エルキュール・ポアロ (Hercule Poirot)

作品情報

タイトル:オリエント急行殺人事件

原題:MURDER ON THE ORIENT EXPRESS

製作年度:2017年

上映時間:114分

製作国:アメリカ

ジャンル:その他

監督:ケネス・ブラナー

原作:アガサ・クリスティ

脚本:マイケル・グリーン

音楽:パトリック・ドイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする