映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』あらすじ、作品情報

あらすじ

クイルはオーブを持って逃亡
横取りを知ったヨンドゥは彼を捕らえるために懸賞金を掛け、一方でロナンはオーブ強奪のためにガモーラを派遣
ロナンに家族を殺されたドラックスは彼と協力関係にあったガモーラを殺そうとする。
クリー人のロナンの部下のコラスと遭遇する。
ピーター・クイルはヨンドゥ・ウドンタ率いる宇宙海賊ラヴェジャーズによって地球から拉致
女とクイル、ロケット、グルート、ドラックスは協力してキルンから脱走する。
ティヴァンに苦しめられていた使用人カリーナがストーンに触れてしまい大爆発
ロナンはノーウェアに到着するとドラックスをすぐに倒し
ネビュラがガモーラの船を破壊すると彼女は生身で宇宙空間に放り出され
グループは彼を止める必要があると理解する。
ロナンの旗艦ダーク・アスター号では、ロナンはストーンの力を自分で使う
クイルのグループは、宇宙の果てのノーウェアへ到着
ロナンはネビュラと手を組む。
クイルがノバ帝国の首都惑星のザンダーでオーブを売り払おうとしたところ、ガモーラは彼に襲いかかる。
ザンダー星上空、ダーク・アスター号はラヴェジャーズ、ノバ軍警察、クイルのグループと交戦となり、クイル達は艦内へと侵入
ロナンがパワーを含んだコズミックハンマーでノバ軍警察の戦闘機を破壊しようとする間、コラスはドラックスにより殺される。
ネビュラはガモーラと対決するが敗れ、ラヴェジャーズの飛行機を奪って逃亡する。
ラヴェジャーズがザンダー星を去る祭、ヨンドゥは契約を無視してクイルを父親に渡さなかったのは正解だったとつぶやく。
クイル達はロナンの部屋に到着して戦うが圧倒的なパワーには敵わず、危機に陥っていたところ、ロケットが操縦するウォーバード号がロナンに突撃してことによって事なきを得る。
その後、クイルは約束に従ってヨンドゥにストーンを渡すことになったが、トロールとすり替えることで彼を騙し、本物はノバ軍警察に預ける。
大損壊を受けたダーク・アスター号はザンダーに墜落するが、クイル達はグルートが命懸けで保護壁となったことにより生存する。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと呼ばれるようになったクイルのグループは前科歴を消去され、そしてクイルは自分が半分人間で、父親が古代の未知の種族であること知る。
壊れたダーク・アスター号から生きていたロナンが現れてザンダー星を破壊しようとするが、クイルはダンスで彼の気を逸らし、その隙を突いたドラックスとロケットによりコズミックハンマーは破壊される。
ガーディアンズは再建されたミラノ号に乗り、挿し木になって復活したグルートと共にザンダー星を出発する。
クイルはハンマーから出てきたストーンを掴み、そしてその重負荷をガモーラ、ドラックス、ロケットと共有し、エネルギーをロナンに向けて倒し、ロナンはストーンの力によって消滅し、死亡する。
クイルは最後に死ぬ前に母からプレゼントされた箱を開け、その中身の彼女のお気に入りの曲が入ったカセットテープを再生する。

登場人物

ピーター・クイル / スター・ロード

演 – クリス・プラット

ガモーラ

演 – ゾーイ・サルダナ

ドラックス

演 – デイヴ・バウティスタ

グルート

演 – ヴィン・ディーゼル

ロナン・ジ・アキューザー

演 – リー・ペイス

ヨンドゥ・ウドンタ

演 – マイケル・ルーカー

ネビュラ

演 – カレン・ギラン

コラス

演 – ジャイモン・フンスー

ローマン・デイ

演 – ジョン・C・ライリー

ノバ・プライム・イラニ・ラエル

演 – グレン・クローズ

タニリーア・ティヴァン / コレクター

作品情報

タイトル:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
原題:GUARDIANS OF THE GALAXY
製作年度:2014年
上映時間:121分
製作国:アメリカ
ジャンル:アクション
アドベンチャー
監督:ジェームズ・ガン
製作総指揮:ルイス・デスポジート、アラン・ファイン、ヴィクトリア・アロンソ、ジェレミー・ラーチャム、ニック・コルダ、
スタン・リー
原作:ダン・アブネット、アンディ・ラニング
脚本:ジェームズ・ガン、ニコール・パールマン
音楽:タイラー・ベイツ


アニメ『3月のライオン』感想

あらすじ

これは、様々な人間が何かを取り戻していく、優しい物語。そして、戦いの物語。
主人公・桐山零は、幼いころに事故で家族を失い、心に深い孤独を負う17歳のプロ将棋棋士。
東京の下町に一人でクラス零は、あかり・ひなた・モモという3姉妹と出会い、少しづつ変わり始めていく。

●参考:AB夫(えびお)のシコウサクゴ

アニメ『3月のライオン』登場人物

桐山零(きりやま れい)

声:河西健吾

本作の主人公。中学生でプロ棋士となる(史上5人目)。
幼いころに両親と妹を交通事故で亡くし、父親の親友であり、プロ棋士の幸田柾近(こうだ まさちか)に引き取られる。
現在は17歳で東京の六月町(架空)で一人暮らしをしており、1年遅れで私立駒橋高校へ入学。
先輩棋士に連れて行かれたクラブで酔い潰されていたところ、川本あかりと出会い、以降、川本家との交流が始まる。

川本あかり(かわもと あかり)

声:茅野愛衣

川本家の長女。年齢23歳。零の住む六月町の隣町である三月町に住んでいる。
母親を亡くしており、まだ幼い妹たちの母親代わりをする。昼は祖父の営む和菓子屋『三日月堂』で働き、夜は週に2回ほど叔母の経営するクラブでホステスをしている。
動物、人間を問わずに生き物を放おっておけない性格で、拾ってきては太らせることを生きがいとしている。

川本ひなた(かわもと ひなた)

声:花澤香菜

川本家の次女。中学2年生。
姉の手伝いで家事を手伝ったり、妹の面倒をみたりとしっかりした面を持つ。
非常に元気活発な性格だが、両親がいないこと(父親がいないのは謎)で寂しい思いを抱いており、一人でこっそり泣いたりすることもある。

川本モモ(かわもと モモ)

出声:久野美咲

川本家の三女。保育園児。
零のことが大好きで、外で見かけると抱きついてくるほど。
二階堂をはじめてみた時、その風貌からアニメキャラだと思い心奪われる。

二海堂晴信(にかいどう はるのぶ)

声:岡本信彦

C級2組、四段。
零の幼少時代からのライバル(と二階堂が勝手に言っている)。家は裕福だが、幼い頃から腎臓を患っており無理が効かない体である。それゆえ、常に執事の花岡が付き従っている。

幸田柾近(こうだ まさちか)

声:大川透

零の養父であり師匠。八段。
零の亡き父とは親友だった。零の家族の葬儀の時、一人寂しそうにしている零に「うちの子にならないか?」と声をかける。

幸田香子(こうだ きょうこ)

声:井上麻里奈

幸田家の長女。零より4歳年上の義姉。
奨励会に所属していたが、零に勝てないために中学2年の時に辞めさせられる。
父からの愛情を奪ったとして零に厳しく当たり、何かとつきまとう。

三角龍雪(みすみ たつゆき)

声:杉田智和

通称「スミス」。
金髪にメガネであごひげを生やすなど、一見チャラチャラした雰囲気の人物。
松本一砂とは仲が良く、彼のことを「いっちゃん」と呼んで一緒に行動することが多い。
密かにあかりに好意を抱いている。

松本一砂(まつもと いっさ)

声:木村昴

明るき素直な性格で、棋風も性格そのままに攻撃的。
身長が181センチと高く、スミスとともに「大きな生き物同士」と零に言われている。
あかりへの好意を全面に出す。

各話紹介

第1話 Chapter.1 桐山 零
Chapter.2 河沿いの町
第2話
Chapter.3 あかり
Chapter.4 橋の向こう
第3話 Chapter.5 晴信
Chapter.6 夜空のむこう
第4話 Chapter.7 ひな
Chapter.8 ブイエス
第5話 Chapter.9 契約
Chapter.10 カッコーの巣の上で
第6話 Chapter.11 神さまの子供(その(1))
Chapter.12 神さまの子供(その(2))
Chapter.13 神さまの子供(その(3))
第7話
Chapter.14 大切なもの。大切なこと。
Chapter.15 将棋おしえ
Chapter.16 面影
Chapter.17 遠雷(1)
第9話 Chapter.18 遠雷(2)
Chapter.19 遠雷(3)
第10話 Chapter.20 贈られたもの(1)
Chapter.21 贈られたもの(2)
第11話 Chapter.22 ゆく年
Chapter.23 くる年
第12話 Chapter.24 対岸にあるもの
Chapter.25 黒い河(1)
第13話 Chapter.26 黒い河(2)
Chapter.27 扉の向こう
第14話 Chapter.28 まぶしい闇
Chapter.29 ほんの少しの水
第15話 Chapter.30 月光
Chapter.31 自我のカタマリ
第16話 Chapter.32 夜を駆ける
Chapter.33 坂の途中
第17話 Chapter.34 銀の糸
Chapter.35 水面
Chapter.36 青い夜の底
第18話 Chapter.37 奔流
Chapter.38 経る時
第19話 Chapter.39 夜を往く
Chapter.40 京都(1)
第20話 Chapter.41 京都(2)
Chapter.42 京都(3)
第21話 Chapter.43 桜の花の咲く頃
Chapter.44 小さなつぶやき
第22話 Chapter.45 新学期ち第23話 Chapter.46 西陽
Chapter.47 ラムネ
第24話 Chapter.48 混沌
Chapter.49 隈倉
第25話 Chapter.50 六月
Chapter.51 てんとう虫の木(1)
第26話 Chapter.52 てんとう虫の木(2)
Chapter.53 てんとう虫の木(3)
Chapter.54 想い
第27話
Chapter.55 告白
第28話 Chapter.56 小さな世界
Chapter.57 手紙
第29話 Chapter.58 梅雨の始まり
Chapter.59 蜂谷
第30話 Chapter.60 真昼の月
Chapter.61 冒険者たち
第31話 Chapter.62 王国(1)
Chapter.63 王国(2)
第32話 Chapter.64 銀の羽根
Chapter.65 川景色
第33話 Chapter.66 陽のあたる場所
Chapter.67 小さな世界
第34話 Chapter.68 黒い霧
Chapter.69 光
第35話 Chapter.70 小さな手のひら
Chapter.71 日向
第36話 Chapter.72 流れていくもの
Chapter.73 白い嵐(1)
第37話 Chapter.74 白い嵐(2)
Chapter.75 白い嵐(3)
Chapter.76 白い嵐(4)
第38話 川﨑ゆたか
Chapter.77 白い嵐(5)
Chapter.78 再始動
第39話 Chapter.79 焼野が原(1) 一也
Chapter.80 焼野が原(2)
第40話 Chapter.81 焼野が原(3)
Chapter.82 焼野が原(4)
第41話 Chapter.83 ここにいること也
Chapter.84 夏休み(1)
第42話 Chapter.85 夏休み(2)
Chapter.86
第43話 Chapter.87
Chapter.88 春が来る
第44話 もうひとつの家
Chapter.89 三月町の子


映画『オリエント急行殺人事件』作品情報

あらすじ

国の出身者が乗り合わせ、季節外れの満席となっていた。
何らかの理由でラチェットと対立していたギャング等の人物が途中の駅で列車に乗り込んでラチェットを殺し、すでに列車から降りた
サミュエル・ラチェットがポアロ、話しかけてくる。
彼は身の危険を感じてポアロに護衛を依頼
ラチェットの死体が彼の寝室で発見される。
ポアロは捜査を始め、ブックと、乗り合わせた医師コンスタンチンと共に事情聴取
ラチェットはかつて、富豪アームストロング家の令嬢である幼いデイジーを誘拐して殺害した犯人
ポアロは、イスタンブール発カレー行きのオリエント急行に乗り
刃物により全身を12か所に渡ってメッタ刺しにされて
現場には燃やされた手紙
「小さいデイジー・アームストロングのことを忘れ」
少女は投身自殺し、妊娠中だったアームストロング夫人が事件のショックで早産して母子ともに死に、夫のアームストロング大佐も夫人の後を追って自殺した事件
列車がすでに違う標準時に入っていることをラチェットも乗客たちも忘れていたとすれば、乗客たちの証言とのつじつまは合う。

参考:【五等分の花嫁】5話

登場人物

サミュエル・エドワード・ラチェット (Samuel Edward Ratchett)
ヘクター・マックイーン (Hector MacQueen)
エドワード・ヘンリー・マスターマン (Edward Henry Masterman)
アーバスノット大佐 (Colonel Arbuthnot)
メアリー・デブナム (Mary Debenham)
ドラゴミロフ公爵夫人 (Princess Dragomiroff)
ヒルデガード・シュミット (Hildegarde Schmidt)
ハバード夫人 (Mrs. Hubbard)
グレタ・オルソン (Greta Ohlsson)
アンドレニ伯爵 (Count Andrenyi)
アンドレニ伯爵夫人 (Countess Andrenyi)
サイラス・ハードマン (Cyrus Hardman)
アントニオ・フォスカレリ (Antonio Foscarelli)
ピエール・ポール・ミシェル (Pierre Paul Michel)
ブック (Bouc)
コンスタンチン博士 (Dr. Constantine)
エルキュール・ポアロ (Hercule Poirot)

作品情報

タイトル:オリエント急行殺人事件
原題:MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
製作年度:2017年
上映時間:114分
製作国:アメリカ
ジャンル:その他
監督:ケネス・ブラナー
原作:アガサ・クリスティ
脚本:マイケル・グリーン
音楽:パトリック・ドイル


アニメ『攻殻機動隊』感想・ネタバレ

アニメ『攻殻機動隊』は主にサイバー犯罪やサイバーテロなどのネット社会を描いた作品です。
世界観は先進的なものでした。

作品情報

あらすじ

西暦2030年、電脳化が一般化され情報ネットワークが高度化する中で、光や電子として駆け巡る意思を一方向に集中させたとしても、「孤人」が複合体としての「個」となるまでには情報化されていない時代。複雑化する犯罪に対抗するため、内務省直属の独立防諜部隊として設立された「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。サイバー犯罪の捜査やテロリズムの抑止・検挙、要人警護、汚職摘発など極秘裏な任務は多岐にわたるが、遂行していくうちにある一つの事件が浮かび上がっていく。

登場人物

草薙素子

声:田中敦子

幼少の頃に、脳と脊髄の一部を除く全身を義体化している。公安9課の実質的なリーダー。

荒巻大輔

声:阪脩

公安9課の部長。以前は陸上自衛隊情報部に所属。

バトー

声:大塚明夫

元自衛隊員。両目の義眼が特徴。

トグサ

声:山寺宏一

草薙に本庁から引き抜かれ公安9課に入る。

イシカワ

声:仲野裕

電脳戦や情報収集を得意とする。

サイトー

声:大川透

狙撃のプロフェッショナル。左目が義眼。

パズ

声:小野塚貴志

無口でクールな愛煙家。

ボーマ

声:山口太郎

外見とは裏腹に電脳戦を得意とする。

見どころ

アニメ『攻殻機動隊』はアニメに革命をもたらしたとも言われているほど、斬新な概念を生み出しました。
それは義体化と電脳化です。
義体化は体を機械に変えること。つまりサイボーグになるということです。
そうすることで、老化することもなく、長生きできる。
病気の心配もないし、なにかあってもそのパーツを修理交換すればいいのです。
電脳化は脳にパソコンみたいなもの埋め込むってこと。
それによって、インターネットのような世界と脳が繋がり、情報をやりとりできるのです。
また、電脳化した者どおしは脳の中で会話することもできます。
公安9課のメンバーは多かれ少なかれ電脳化、義体化していて、少佐(草薙素子)はほぼ全部擬態化されたサイボーグです。
だから格闘技も優れ無敵です。
まとめ
『攻殻機動隊』は士郎正宗さん原作の漫画で、1989年に『ヤングマガジン海賊版』で連載が始まりました。
30年前に作られたこの作品は今なお色褪せることなく輝き続けています。
それほど、電脳化や義体化、公安9課というコンセプトが斬新だったのでしょう。


映画『ブラックパンサー』作品情報

あらすじ

世界のパワーバランスを変えてしまうほどの価値があるこの地下資源の秘密が知れるとワカンダも他国の攻撃を受ける
ワカンダは大きな危機が迫っていた。
ワカンダ国王は代々、ヴィブラニウムの秘密を守るためブラックパンサーとして活動していた。
ブラックパンサーの存在を世界に知らしめる
漆黒のスーツに身を包んだ闇のヒーロー「ブラックパンサー」として希少鉱石ヴィブラニウムを守る
ワカンダはる科学技術を手に入れた
ヘルムート・ジモが起こした爆破テロによってチャカの死とそれに伴うアベンジャーズの内乱にチャラがブラックパンサーのスーツを着て参加
の息子ティ・チャラが新国王に即位した。
ダイヤモンド以上の硬度を持ち、ウラン以上のエネルギーを放出するヴィブラニウム
小国ワカンダ。
発展途上国として孤立主義を採り、他のアフリカ諸国が白人によって征服された中でも500年に渡って平和と独立を保つ

参考:【鬼滅の刃】1話

作品情報

タイトル:ブラックパンサー
原題:BLACK PANTHER
製作年度:2018年
上映時間:134分
製作国:アメリカ
ジャンル:アクション
アドベンチャー
監督:ライアン・クーグラー
製作総指揮:ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
ネイト・ムーア
ジェフリー・チャーノフ
スタン・リー
原作:スタン・リー
ジャック・カービー
脚本:ライアン・クーグラー
ジョー・ロバート・コール
音楽:ルートヴィッヒ・ヨーランソン

登場人物

エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス / ウンジャダカ
演 – マイケル・B・ジョーダン

アヨ
演 – フローレンス・カサンバ

ナキア
演 – ルピタ・ニョンゴ

オコエ
演 – ダナイ・グリラ

エヴェレット・ロス
演 – マーティン・フリーマン

ウカビ
演 – ダニエル・カルーヤ

ラモンダ
演 – アンジェラ・バセット

ティ・チャラ / ブラックパンサー
演 – チャドウィック・ボーズマン

シュリ
演 – レティーシャ・ライト

バッキー・バーンズ
演 – セバスチャン・スタン

ギャンブラー
演 – スタン・リー

エムバク
演 – ウィンストン・デューク

ズリ
演 – フォレスト・ウィテカー

ティ・チャカ
演 – ジョン・カニ

ウンジョブ
演 – スターリング・K・ブラウン

ユリシーズ・クロウ / クロウ
演 – アンディ・サーキス


映画『アナベル 死霊人形の誕生』あらすじ、作品情報

あらすじ

人形職人のサミュエルと妻エッシャーは5歳の娘、アナベルが事故死した
霊体をアナベルの霊魂だと信じ込んだ夫妻は、霊体の声の指示通りに、サミュエルが作った人形に霊体を憑依
アナベルがこの世に蘇ったと歓喜したが、は悪魔だった
悪魔の降臨に手を貸してしまった
2人は人形をアナベルの部屋のクローゼットに入れ、その扉を聖書の頁で封印
神父を呼んでアナベルの部屋と家全体を清める儀式
夫妻の家はシャーロットが経営する孤児院になっていた。
ジャニスが目を覚ましてしまった。
ジャニスはクローゼットの封印を解放
12年ぶりに外の世界へと解放された悪魔
アナベルの姿をした悪魔に心を許してしまったジャニスは、悪魔に取り憑かれることとなった。
ジャニスに成り代わった悪魔
孤児院で発生した怪奇現象の原因を知るために、シャーロットはエッシャーの元を尋ねた。
長年にわたる悪魔との戦いの果てに、エッシャーは寝たきりの状態
エッシャーから真実を聞いたシャーロットは、事態を独力で収拾するのは不可能
孤児院に帰った後、ムリンス夫妻が悪魔に惨殺されたことを知ったシャーロットは、孤児たちと共に孤児院を脱出しようとした。

登場人物

修道女シャーロット – ステファニー・シグマン
ジャニス – タリタ・ベイトマン
リンダ – ルル・ウィルソン
ナンシー – フィリパ・クルサード
キャロル – グレイス・フルトン
ティアニー – ルー・ルー・サフラン
ケイト – テイラー・バック
アナベル・ムリンス(ビー) – サマラ・リー
サミュエル・ムリンス – アンソニー・ラパーリア
エッシャー・ムリンス – ミランダ・オットー
マッシー神父 – マーク・ブラムホール
フラー – アダム・バートリー
ピート・ヒギンズ – ブライアン・ホウ
シャロン・ヒギンズ – ケリー・オマリー

作品情報

タイトル:アナベル 死霊人形の誕生
原題:ANNABELLE: CREATION
製作年度:2017年
上映時間:110分
製作国:アメリカ
ジャンル:ホラー
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
製作総指揮:リチャード・ブレナー
ウォルター・ハマダ
デイヴ・ノイスタッター
ハンス・リッター
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ